そもそも「基礎化粧品」とは何なのか

そもそも「基礎化粧品」とは何なのか

基礎化粧品とは、いわゆるスキンケア用品のことで、肌を清潔にして皮膚の新陳代謝を助けることで、健康で美しい肌を保つためのものです。そのため、ファンデーション、アイシャドウ、口紅などのメイクアップ化粧品とは別のものであることを心得ておく必要があります。

何故なら、基礎化粧品は肌自体の自己治癒力に働きかけて健康で美しくさせるのに対し。メイクアップ化粧品は装飾することで見た目を美しくさせるものだからです。この、もともとの「意味合い」が違うことを忘れてしまうと、スキンケアで思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

有効成分の謳い文句に多くの人が誤解を受けている

基礎化粧品の謳い文句には「美白」「保湿」「エイジングケア」などの言葉が並びます。連ねて「ヒアルロン酸」「アルブチン」「トラネキサム酸」などの有効成分が書かれています。それ自体は問題ないのですが、あなたはこう思ったことはないでしょうか。

「この成分、どのようにして肌に効くのだろうか?」

実は、ここに先ほどのカラクリがあります。基礎化粧品は「肌自体の自己治癒力に働きかける」ことが目的だとお伝えしました。そうです。様々な成分を取り入れても、結局はあなたの肌の持っている力を有効に使うための道具にすぎないのです。

そう考えると、気づきませんか?「やみくもに有効成分を取り入れても、効果的ではない」ことに。

有効成分の濃度チェックと油分の補給を忘れずに

結局は、肌を十分に保湿させれば良いのです。そうすることえ肌のバリア機能が高まり、透き通るようになり、美白も保湿もエイジングケアも叶いますからね。

では、具体的にどのように保湿したら良いのでしょう。

  • 有効成分の濃度が高いものを選ぶ

    安い基礎化粧品は、宣伝されている有効成分が申し訳程度にしか入っていないものが多いです。正直、意味がありません。全成分が重量表示されているメーカーの商品を選ぶなど、安心して使えるものを選びましょう。ちふれや無印良品の商品はパッケージを簡素化し、商品の質に重点を置いているのでオススメです。

  • 油分も必ず補う

    スキンケアする際に、皆忘れがちなのが「油分の補給」です。最後のクリームだけでなく、化粧水の前後に天然オイルなどを使って油分を補給しましょう。混合肌でテカリが気になる人は、これで解消できます。

  • 自己治癒力を高める正しい保湿でイキイキした美肌に

    「美白」「保湿」「エイジングケア」などの謳い文句、結局行き着くものは「保湿」が大事だということが分かりました。どれも欲しい!思わせる謳い文句ですが、保湿するだけで全てが手に入っちゃうんですね。確かに、欲しいものは「美白成分」ではなく「美しく白い肌」だということに気づかされた私でした。

    高い値段の基礎化粧品を買うのもいいかもしれませんが、宣伝だけではない、ユーザーのことを考えた商品説明をしているメーカーを見極めて買うことが必要ですね。パッケージ代や広告宣伝費、人件費にお金をかけすぎているメーカーは一度見直したほうがよさそうです。

    一番は、自分に合った基礎化粧品。あなたもお気に入りのものに出会えるといいですね。

    page top