紫外線対策、夏だけすればいいと思っていますか?

紫外線対策、夏だけすればいいと思っていますか?

春が過ぎ、初夏の香りが漂う今日この頃。だんだんと日差しが強くなってきて、「あぁそろそろ日焼け止め塗らなきゃなぁ」と思っているそこのあなた、危険です!

なんと、いやーな紫外線のピーク第1波は、5月にやってくるのです。真夏が多いのはもちろんですが、GWのこの時期から注意が必要だなんて…。

今、対策しなければ大変なことになりますね!でも、「日焼け止めっていろんなものが出ているけれど、どうやって選べばいいか分からない…」という人、多いのではないでしょうか?

日焼け止めが紫外線から肌を守る仕組み

そもそも、日焼け止めとはどのように肌を守ってくれるのでしょうか?日焼け止めには、紫外線を防止する成分が含まれています。この成分は代表的に2つに分かれ、

紫外線散乱剤…紫外線を物理的に遮断する

紫外線吸収剤…紫外線を吸収して熱などのエネルギーとして放出する

があります。これらは金属酸化物などの微粒子でできており、表示されているSPFやPAの数値が高いほどこの微粒子が多く含まれている、ということになります。それらはよく効きますが肌への負担も大きくなります。

日焼け止めと小物を使って効果的な対策を

正しい日焼け止めとは、「自分の肌に合った日焼け止め」ということです。どんなに高価で効きそうな商品でも、肌トラブルを起こしたら使い続けられませんよね。

そこで、まず気をつけてもらいたいのが、使用する際の外出場所と時間です。ちょっとした買い物に行くだけの時に、わざわざSPF値やPA値の高い日焼け止めを塗って、肌に負担をかける必要はありません。

逆に、海や山、長時間の外出など、日光を多く浴びる時は、SPFやPA値の高いものを塗るとともに、アームカバーや帽子、日傘など小物を使って対策をしましょう。

また、敏感肌の方には、刺激の強い紫外線吸収剤が入っていない自然素材の日焼け止めもおすすめです。

金額よりも、「ずっと使い続けられる」を目安に日焼け止めを選ぶ

日焼け止めには、大きく分けて2種類の成分が入っているんですね。

紫外線吸収剤は、よく効くけれど肌への負担が強いことが分かりました。

金額が高かったり、SPFやPAが高い日焼け止めもいいけれど、大切なのは自分の肌とお財布にとって「ずっと使い続けられる日焼け止めであるかどうか」が大事だと思います。

コロコロ商品を変えて、その都度肌トラブルに巻き込まれるのも嫌ですしね。

私も肌に必要な成分だけ入った、お財布に優しい日焼け止めを探したいと思います。

page top