ワキの黒ずみでノースリーブや水着が着れない

ワキの黒ずみでノースリーブや水着が着れない

これから夏!ノースリーブや水着など、ワキを出す機会も増えますね。

でも、鏡を見てびっくり…。

「ワキが、真っ黒」。

あなたは、そんな経験はありませんか。ちゃんとムダ毛はケアしているのに、どうしてワキだけが黒ずんでしまうのでしょう。

ワキの黒ずみに本気で悩んでいるあなたへ、今回は黒ずみの根本的な原因と、どうしたら解消できるか、今からでも間に合う対処法をご紹介します。

これを読んで、夏までにキレイなワキを手に入れましょう!

気になるワキの黒ずみの原因

ワキの黒ずみの原因は、ズバリ!メラニン色素の沈着です。

肌の他の部位にもムダ毛はあるし、腕や足にはそこまで黒ずみができないんだけど…という人もいるかもしれません。

そうなんです、ワキは、体の他の部位に比べてメラニン色素が沈着しやすい部位なのです。

ワキは汗腺が多く、汗や皮脂を出しやすいです。そのため、非常にデリケートで、ちょっとした皮膚や洋服とのスレだけで、メラニン色素などの生成が盛んに行われてしまいます。

一度生成されてしまうと消えにくいため、黒ずみとなって残ってしまうんですね。

黒ずみの対処法を具体的にご紹介

では、ワキの黒ずみはどのようにして対処したらよいのでしょう。

まず、除毛、脱毛処理をした後はそのままにしないで、化粧水や乳液、クリームでケアをしましょう。顔用に使っている美白製品でかまいません。保湿と、メラニンの生成を抑えることが目的です。

また、自己脱毛は正直、あまりおすすめできません。肌に大きな負担がかかってしまうからです。

脱毛にこだわるのであれば、少しお金はかかりますが、脱毛サロンに行って施術してもらうのが最善です。サロンでは、日頃のケアなども詳しく教えてもらえます。

デリケートなワキには保湿と美白が大事

ワキの黒ずみの原因は、シミの原因でもあるメラニン色素だったんですね!私も処理をした後放置することがあるので、気をつけないといけません。放置すると残ってしまうのも怖いですね…。

また、自己脱毛が肌に負担をかけるというのも、あらためて思い知らされました。

大切なのはスキンケアと同じく、十分な保湿と美白なんですね。最近はワキ専用の美白クリームなども出ているので、気になる人は試してみるといかがでしょうか。

この夏はワキの黒ずみを気にせずに、いろんな服を着てみたいものですね!

page top